リクエスト出来る

会員制のデートクラブの場合、いわばお客になります。それ相応のお金を払っている以上、当たり前ですが運営からすればとても大切なお客になるのです。それだけに、お客の要望も聞いてくれるのです。簡単に利用出来るデートクラブの場合、いわばお客ではなくただの登録者です。

そのため、基本的にお客の自己責任としての姿勢が強いのですが会員制のデートクラブの場合、お客の要望に応えなければせっかくのお客を逃してしまいますので、会員に対しての接客等は徹底しています。お客を満足させようとの気持ちが強いだけに、女の子はもちろんですが運営スタッフにもそのような気持ちがあるのです。そのため、利用を重ねる毎に改善されていき、自分自身も安心感の中で利用出来るようになります。

会員制なのでニーズを把握しやすいのはもちろんですが、あくまでも会員のためのサービスになりますので、会員のリクエストに応えるのは当然なのです。会員制のデートクラブの場合、会員というコミュニティを形成していると言っても良いでしょう。部外者ではなく、あくまでも会員のためのサービスになりますので、会員に連絡を届けたり要望を聞くなど、会員の満足度向上に努めてくれるのです。

女の子のレベル

会員制のデートクラブの方が女の子のレベルが高いです。なぜなら女の子の心理です。デートクラブに登録する女の子の心理を考えた時、誰がいるのか分からないデートクラブよりも会員制のデートクラブの方が相手の素性が分かっているだけに安心感がありますので、デートクラブに登録するのであれば会員制の方が良いと考えている女の子が多い点。

そして会員制のデートクラブの方が女の子のハードルを高めている点にあります。誰もが利用出来るデートクラブの場合、応募してくれた女の子を落とすようなことはありません。誰でも良いのでデートクラブで働いてもらいたいと思っているのですが、会員制のデートクラブの場合、一定の水準を設けていますので、自分たちの水準を満たせない女の子は残念ながら採用しませんので、女の子のレベルが高いのです。

ルックスだけの話ではなく、言葉遣いや応対など様々な面におけるレベルになりますので、利用する男性が満足感を覚える女性が多いのです。登録が面倒だからと誰もが利用出来るデートクラブを利用しているもののなかなか納得出来る女の子との出会いがないと嘆いているくらいであれば、会員制のデートクラブに登録した方が納得出来る女の子と楽しめるのです。

システム面

わざわざ会員登録するのは面倒だと思っている人は案外多いようですが、会員制のデートクラブであっても登録は最初だけです。一度登録を済ませば登録無用のデートクラブ同様、いつでも利用出来るのですが、会員制のデートクラブの場合、システム面が整備されています。それもそのはず、不特定多数の見ず知らずのお客を相手にするのではなく、会員だけになりますので会員規約も設けられています。

会員規約に違反する会員は退会処分に科すことも出来ますので、デートクラブの秩序が保たれます。おかしなことをするようなお客がいません。つまり、女の子も安心感があるのです。また、何か不都合があれば会員である以上、言う権利もあります。運営に対して苦言を呈すことも出来れば、要望を伝えることも出来ます。会員制のデートクラブの場合、利用者は会員のみだからこそ、運営側としても会員のニーズに応えるだけで良いのです。

誰が利用するのか分からないようなデートクラブではニーズを捉えることが難しいのですが、会員制の場合、いわばコミュニティを形成していますので、ニーズの把握、そしてニーズへの呼応が行いやすいのです。自分の声が届きやすい点は何よりのメリットになります。